残響のテロルはつまらない?理由と口コミ、似たようなアニメは?

残響のテロルはつまらない?

「残響のテロル」を最後まで見たけど、何が面白いのか全くわからなかったという声もあります。特に三島リサの無能さにイライラしたという意見が多いです。物語の展開が難解で、爆破する目的が不明瞭だと感じる人も少なくありません。
また、雰囲気だけで中身がすっからかんだという厳しい評価もあります。もっと良い音楽を使うかと思ったが、期待はずれだったという声も。アニメのテンポや作画は評価される一方で、ストーリーの深みが足りないと感じる人が多いようです。
「高校」が登場する必要はなかったのでは?という意見も見られます。アニメ王道の学園恋愛風味を入れる必要があったのか疑問に思う人も。さらに、警察関連のシーンが難解で、ノートパソコンでの高速入力シーンに意味があるのか疑問を持つ人もいます。
「残響のテロル」は、絵柄や作画の美しさは評価されるものの、物語の内容やキャラクターの設定に対する不満が多いです。特に、リサのキャラクターに対するマイナスな意見が頻繁に見られます。あなたも同じように感じましたか?
全体的に、視聴者の期待を裏切る結果となったという意見が多く、特にストーリーの展開やキャラクターの設定に対する不満が目立ちます。あなたはどう思いますか?

 

残響のテロルが面白い人はどこが気に入ってる?

「残響のテロル」が面白いと感じる人は、どこが気に入っているのでしょうか?いくつかの口コミをまとめてみました。
まず、音楽がとにかくカッコいいという意見が多いです。菅野よう子さんが手掛けた音楽は、冷たく研ぎ澄まされたサウンドが特徴で、作品の雰囲気を一層引き立てています。特に、アイスランドの曲をモチーフにした楽曲が多く、視聴者の心を揺さぶるような仕上がりになっています。
次に、ストーリーの緊張感とテンポの良さが挙げられます。爆破テロを題材にしたサスペンスアニメで、次々と展開する事件に目が離せません。特に、スピンクスと名乗る少年たちが警察を出し抜くシーンは、手に汗握る展開が続きます。
キャラクターの魅力も大きなポイントです。主人公のナインとツエルブは、頭脳明晰で冷静なナインと、明るく無邪気なツエルブという対照的なキャラクターが絶妙なバランスを保っています。また、いじめを受けている三島リサや、元敏腕刑事の柴崎健二郎など、個性的なキャラクターたちが物語を彩ります。
さらに、作品全体のビジュアルと作画のクオリティも高く評価されています。特に、爆破シーンやアクションシーンの描写が丁寧で、視覚的にも楽しめる作品です。
一方で、物語の中盤以降に登場するキャラクターや展開に対しては賛否両論があります。特に、女性キャラクターの登場が物語を引っ掻き回すと感じる人もいるようです。
それでも、「残響のテロル」はその独特な世界観と深いテーマ性で、多くの視聴者を魅了しています。あなたもこの作品を観て、どの部分が一番気に入るか確かめてみてはいかがでしょうか?

 

残響のテロルのあらすじ

「残響のテロル」は、2014年にフジテレビのノイタミナ枠で放送されたアニメで、渡辺信一郎が監督を務めた作品です。物語は、青森の核燃料再処理施設からプルトニウムが強奪されるところから始まります。犯人は「ナイン」と「ツエルブ」という二人の少年で、彼らは施設の床に「VON」という謎の文字を残して姿を消します。
その後、東京で大規模な爆弾テロが発生し、平穏な日常が一変します。犯人は「スピンクス」と名乗り、次々と謎めいたメッセージを動画投稿サイトにアップします。彼らの目的は一体何なのでしょうか?
ナイン(九重新)は、頭脳明晰で冷静な17歳の少年です。彼はツエルブと共に、青森の施設からプルトニウムを強奪し、東京で普通の高校生として暮らし始めます。彼の真の目的は何なのでしょう?
ツエルブ(久見冬二)は、明るく無邪気な性格の17歳の少年です。ナインと同じく、偽名を使って高校生として生活していますが、いじめを受けている三島リサのことも気にかけています。彼の純粋さが物語にどんな影響を与えるのでしょうか?
三島リサは、クラスでいじめられ、家庭内でも母親の過干渉に悩む17歳の女子高校生です。ナインとツエルブに出会うことで、彼女の運命は大きく変わります。リサの選択が物語をどう動かすのか、気になりますね!
警視庁の柴崎健二郎は、かつて敏腕刑事だったが、ある事件をきっかけに左遷されてしまいます。しかし、スピンクスの動画にいち早く疑念を抱き、独自に捜査を進めます。彼の刑事としての嗅覚が物語をどう導くのか、注目です!
アメリカから派遣された原子力科学者のハイブは、スピンクスを翻弄する存在です。彼女の登場により、物語はさらに複雑な展開を見せます。ハイブの真の目的は何なのでしょう?
物語は、ナインとツエルブが次々と爆破予告を出し、警察との知的ゲームが繰り広げられます。彼らの行動の背後には、かつて一部のエリートたちによって行われた「アテネ計画」と呼ばれる壮大な人体実験が関係していることが明らかになります。この計画とは一体何だったのでしょうか?
「残響のテロル」は、アクションとサスペンスが絶妙に絡み合った作品で、観る者を引き込むストーリー展開が魅力です。ナインとツエルブの運命、そして彼らを追う柴崎の捜査がどのように交錯するのか、最後まで目が離せません!

 

残響のテロルに似たアニメ

『残響のテロル』が好きなあなたに、似たアニメをいくつか紹介しますね。どれもミステリーやサスペンス要素が強く、緊張感あふれる作品ばかりです。ぜひチェックしてみてください!
PSYCHO-PASS サイコパス
『PSYCHO-PASS サイコパス』は、未来の日本を舞台にしたサイバーパンクなアニメです。犯罪を未然に防ぐために人々の精神状態を監視する「シビュラシステム」が導入された社会で、刑事たちが犯罪者を追うストーリーです。『残響のテロル』と同じく、社会の暗部を描いている点が共通しています。あなたも未来の犯罪捜査に興味があるなら、絶対に楽しめるはずです!
すべてがFになる -THE PERFECT INSIDER-
『すべてがFになる -THE PERFECT INSIDER-』は、大学教授とその助手が謎の殺人事件を解決するミステリーアニメです。閉鎖された研究施設で起こる事件を解き明かす過程がスリリングで、知的な謎解きが好きな人にはたまらない作品です。『残響のテロル』のように、頭脳戦が繰り広げられるのが魅力です。
東のエデン
『東のエデン』は、記憶を失った青年が謎の携帯電話と巨額の電子マネーを手に入れ、世界を変えるためのゲームに巻き込まれるストーリーです。社会問題や陰謀が絡む展開が『残響のテロル』と似ています。あなたも、もし突然巨額の資金を手に入れたら、どうしますか?
DEATH NOTE デスノート
『DEATH NOTE デスノート』は、名前を書くだけで人を殺せるノートを手に入れた高校生が、理想の世界を作ろうとする物語です。天才的な頭脳戦と心理戦が繰り広げられ、『残響のテロル』のスリルを感じさせます。あなたも、もしデスノートを手に入れたら、どう使いますか?
僕だけがいない街
『僕だけがいない街』は、タイムリープ能力を持つ青年が、過去に戻って連続誘拐事件を防ごうとするストーリーです。過去と現在を行き来しながら事件を解決する展開が、『残響のテロル』の緊張感を思い起こさせます。過去に戻ってやり直せるとしたら、あなたは何を変えたいですか?
憂国のモリアーティ
『憂国のモリアーティ』は、シャーロック・ホームズの宿敵モリアーティ教授を主人公にしたアニメです。社会の不正を暴くために犯罪を計画するモリアーティの姿が、『残響のテロル』のスピンクスと重なります。あなたも、正義のために犯罪を計画することに共感できますか?
どの作品も『残響のテロル』と同じく、深いテーマと緻密なストーリーが魅力です。ぜひ、これらのアニメを観て、新たな発見を楽しんでくださいね!

 

残響のテロルが見られる動画サイト

「残響のテロル」を視聴できる動画サイトをまとめました。どのサイトがあなたにぴったりでしょうか?
まず、Huluです。Huluでは「残響のテロル」を全話視聴できます。2週間の無料体験期間があるので、気軽に試してみてくださいね。
次に、dアニメストアです。こちらも「残響のテロル」を全話見放題で提供しています。初回31日間無料体験があるので、たっぷり楽しめますよ。
Amazon Prime Videoでも視聴可能です。こちらはレンタル形式で、30日間の無料体験もあります。Prime会員ならさらにお得に楽しめますね。
U-NEXTもおすすめです。31日間の無料体験期間があり、他の多くのアニメも見放題です。どれだけ見ても月額料金は変わらないので、アニメ好きにはたまらないですね。
最後に、バンダイチャンネルです。こちらも「残響のテロル」を視聴できます。初回は無料でお試しできるので、気軽にチェックしてみてください。