うる星やつらはつまらない?理由と口コミ、似たようなアニメは?

うる星やつらはつまらない?

「うる星やつら」はつまらない?そんな声も少なくありません。特にリメイク版に対する批判が目立ちます。
まず、リメイク版の「うる星やつら2022」については、「心底つまらない」との声が多く聞かれます。理由としては、ラム以外のキャラクターが適当すぎるという点が挙げられています。しのぶやあたるの描き込みが少なく、キャラクターの魅力が半減していると感じる人が多いようです。
また、昭和のノリが令和の時代に合わないという意見もあります。リメイク版の製作陣が昭和の雰囲気を再現しようと努力しているものの、現代の視聴者には受け入れられにくい部分があるようです。
さらに、オリジナルの「うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー」にも批判的な意見があります。特に、原作者の高橋留美子が怒ったというエピソードは有名です。押井守監督の独自の解釈が強すぎて、原作のファンからは「原作レイプ」とまで言われることもあります。
「うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー」の夢邪鬼が見せる悪夢のシーンが冗長だと感じる人もいます。全体的には素晴らしい作品と評価される一方で、この部分だけは冗長で退屈だという意見もあります。
また、リメイク版のテンポが悪いという指摘もあります。旧作のテンポ感や独特の雰囲気が失われていると感じる視聴者が多いようです。
「うる星やつら」は本当に面白いのか?それともつまらないのか?意見は分かれるところですが、少なくとも一部の視聴者には不満が残る作品であることは確かです。

 

うる星やつらが面白い人はどこが気に入ってる?

うる星やつらが面白いと感じる人たちは、どこに魅力を感じているのでしょうか?いくつかの口コミをまとめてみました!
まず、ストーリー性の高さが挙げられます。うる星やつらはラブコメディで、30分のアニメの中に前半・後半で1話ずつ、つまり30分で2話分のショートストーリーが楽しめるんです。短い時間で見事な起承転結が組み込まれていて、見終わった後の感覚は良質なショートショートを読み終わった感覚に近いんですよ。
次に、ギャグのレベルの高さも大きな魅力です。キャラ同士の会話や超常現象、宇宙人や妖怪とのやりとりなど、ところどころにギャグ要素が入り込んでいます。特にメインキャラクターである諸星あたると面堂終太郎のやりとりは上質な漫才のようで、見ていて飽きません。
登場人物の魅力も見逃せません。うる星やつらにはたくさんの個性的なキャラクターが登場し、全員が内面・外見の両方において際立った個性を発揮しています。特にラムちゃんの可愛さは多くのファンに愛されていますね。キャラクター同士の掛け合いも見どころの一つです。
また、現代社会の喧騒を忘れさせてくれる点も評価されています。1980年代の作品なので、スマホなど現代のテクノロジーは登場しません。そのため、効率や合理性といった感覚がなく、登場人物たちがのびのびとやりたいことを自由にやっている姿が描かれています。これが現代人にとって心のオアシス的な存在になっているんです。
さらに、オープニングやエンディングの完成度も高く評価されています。旧アニメのファンからも新しいオープニングとエンディングが大絶賛されており、うる星やつらの世界観を今時のオシャレ音楽と映像技術で見事に表現しています。
一方で、リメイク版に対する批判もあります。特に旧作と比較して演出能力の低さや、原作エピソードの消化スピードが速すぎる点が指摘されています。旧作のファンからは、リメイク版が原作を工夫もなく無難に薄味にしてなぞっているだけという意見もあります。
それでも、リメイク版の美麗な作画や現代風にアレンジされた点を評価する声も多いです。特にラムちゃんの髪色や効果音の文字など、細部にまでこだわりが感じられる点が好評です。
うる星やつらの魅力は一言では言い表せませんが、ストーリーの面白さ、ギャグのセンス、キャラクターの魅力、そして現代社会の喧騒を忘れさせてくれる点が多くのファンに愛されている理由のようです。あなたもぜひ一度見てみてはいかがでしょうか?

 

うる星やつらのあらすじ

『うる星やつら』は、高橋留美子による日本の漫画作品で、1978年から1987年まで週刊少年サンデーに連載されていました。物語は、浮気者の高校生・諸星あたると、彼を愛する一途な宇宙人美少女・ラムを中心に展開されるドタバタラブコメディです。舞台は架空の町、友引町や宇宙、異次元など多岐にわたります。
物語の始まりは、鬼族という宇宙人が地球を侵略しようとするところからです。鬼族は地球代表と鬼族代表が「鬼ごっこ」で勝負し、地球代表が勝てば侵略を諦めるという条件を提示します。地球代表に選ばれたのは、なんと高校生の諸星あたる!彼は当初やる気がなかったものの、幼なじみで恋人の三宅しのぶに「勝ったら結婚してあげる」と言われ、やる気を出します。
鬼族代表のラムは、あたるが「勝って結婚じゃぁ〜」と叫んだのを自分へのプロポーズと勘違いし、彼に惚れてしまいます。結果、あたるは鬼ごっこに勝利し、地球は救われますが、ラムは諸星家に住み着くことに。ここから、あたるとラムの奇妙な同居生活が始まります。
登場人物も個性豊かで魅力的です。主人公の諸星あたるは、極度の女好きでガールハントを趣味とする高校生。彼の浮気癖には驚かされますが、どこか憎めないキャラクターです。ヒロインのラムは、鬼族の宇宙人で、電撃を発する能力を持っています。彼女の「ダーリン」という呼び方は、ファンの間でお馴染みですね。
他にも、あたるの幼なじみである三宅しのぶや、友引高校の生徒会長である面堂終太郎など、多くのキャラクターが物語を彩ります。しのぶは、あたるに対して複雑な感情を抱きつつも、彼を支える存在です。面堂終太郎は、あたるのライバルであり、彼の浮気癖に対して厳しい態度を取ることが多いです。
物語は、あたるとラムの関係を中心に、さまざまなエピソードが展開されます。例えば、ラムの幼なじみであるランや弁天、おユキなどの異星人キャラクターも登場し、物語にさらなる深みを与えています。彼らの登場によって、あたるとラムの関係はますます複雑になっていきます。
『うる星やつら』は、その斬新な内容と魅力的なキャラクターで、1980年代のみならず、以降の漫画界とアニメ界に大きな影響を与えました。特に、ラムのキャラクターは多くのファンに愛され、彼女のコスプレやグッズも人気です。
あなたも、あたるとラムのドタバタな日常を楽しんでみませんか?彼らの奇妙な関係に、きっと笑いと感動を感じることでしょう!

 

うる星やつらに似たアニメ

うる星やつらに似たアニメ
「うる星やつら」が好きな人におすすめのアニメをいくつか紹介しますね。どれも「うる星やつら」と似た雰囲気やテーマを持っているので、きっと楽しめるはずです!
犬夜叉
「犬夜叉」は高橋留美子先生の作品で、異世界ファンタジーとラブコメディが融合した作品です。主人公の犬夜叉と現代からタイムスリップした少女・かごめの冒険が描かれています。「うる星やつら」と同じく、キャラクターの個性が際立っていて、テンポの良いストーリー展開が魅力です。
めぞん一刻
こちらも高橋留美子先生の作品で、ラブコメディの名作です。古いアパート「一刻館」を舞台に、管理人の音無響子と住人たちの人間模様が描かれています。恋愛要素が強く、感動的なシーンも多いので、「うる星やつら」のファンにはたまらない作品です。
おそ松さん
「おそ松さん」は、赤塚不二夫の「おそ松くん」を原作としたリメイクアニメです。6つ子の兄弟が繰り広げるドタバタコメディで、シュールなギャグが満載です。「うる星やつら」のように、キャラクターの個性が強く、笑いが絶えない作品です。
この素晴らしい世界に祝福を!
「この素晴らしい世界に祝福を!」は、異世界転生もののラブコメディです。主人公のカズマが異世界で冒険を繰り広げる中で、個性豊かな仲間たちと出会います。ギャグ要素が強く、テンポの良いストーリー展開が「うる星やつら」に似ています。
化物語
「化物語」は、西尾維新の小説を原作としたアニメで、怪異に取り憑かれた少女たちを助ける物語です。独特の会話劇とスタイリッシュな演出が特徴で、「うる星やつら」のようにキャラクター同士の掛け合いが魅力です。
うる星やつらとの違い
これらのアニメは「うる星やつら」と似た要素を持ちながらも、それぞれ独自の魅力があります。

  • 犬夜叉は、異世界ファンタジーの要素が強く、バトルシーンも多いです。「うる星やつら」の日常的なドタバタとは少し違いますが、キャラクターの魅力は共通しています。
  • めぞん一刻は、より現実的で感動的なラブストーリーが中心です。「うる星やつら」のようなコメディ要素もありますが、感動的なシーンが多いのが特徴です。
  • おそ松さんは、シュールなギャグが多く、現代的なパロディも満載です。「うる星やつら」のようなラブコメ要素は少ないですが、笑いのセンスは共通しています。
  • この素晴らしい世界に祝福を!は、異世界転生ものの設定が特徴で、ファンタジー要素が強いです。「うる星やつら」のような日常的なドタバタとは異なりますが、ギャグのテンポは似ています。
  • 化物語は、怪異をテーマにしたミステリアスな要素が強く、独特の会話劇が魅力です。「うる星やつら」のような明るいコメディとは違いますが、キャラクター同士の掛け合いが楽しめます。

どの作品も「うる星やつら」とは違った魅力を持っているので、ぜひチェックしてみてくださいね!どれが一番気に入るか、楽しみですね。

 

うる星やつらが見られる動画サイト

「うる星やつら」を見たいけど、どの動画配信サービスがいいのか迷っていませんか?ここでは、いくつかのおすすめの動画配信サービスを紹介しますね。どれも無料トライアル期間があるので、気軽に試してみてください!
ディズニープラス
ディズニープラスは月額990円(税込)で、「うる星やつら」を全話視聴できます。ディズニープラスは他のディズニー作品も豊富なので、アニメ好きにはたまらないサービスです。
Hulu
Huluでは「うる星やつら デジタルリマスター版」を配信中です。月額1,026円(税込)で、2週間の無料トライアルもあります。いつでもどこでも視聴できるのが嬉しいですね。
U-NEXT
U-NEXTは月額2,189円(税込)で、「うる星やつら」の1980年代版と2022年版の両方を配信しています。31日間の無料トライアル期間があるので、たっぷり楽しめますよ。
Amazonプライム・ビデオ
Amazonプライム・ビデオでは、「うる星やつら 第1期」が見放題です。月額500円(税込)とリーズナブルで、30日間の無料体験もあります。プライム会員なら他の特典も利用できるのでお得です。
TSUTAYA DISCAS
TSUTAYA DISCASは宅配レンタルサービスで、「うる星やつら」のアニメや劇場版をレンタルできます。月額2,052円(税込)で、30日間の無料トライアルもあります。家にいながらレンタルできるのが便利ですね。
FODプレミアム
FODプレミアムでは、1980年代版と2022年版の「うる星やつら」を配信中です。月額976円(税込)で、2週間の無料トライアルもあります。フジテレビ系列の作品が多いので、ドラマ好きにもおすすめです。
Netflix
Netflixでも「うる星やつら」を視聴できます。月額料金はプランによって異なりますが、他のオリジナルコンテンツも豊富なので、アニメ以外も楽しみたい方にはぴったりです。
ABEMA
ABEMAでは「うる星やつら」のシーズン2など、最新作から懐かしの名作まで充実したラインナップを楽しめます。ただし、地域によっては利用できない場合もあるので注意が必要です。
DMM TV
DMM TVでは「うる星やつら 2022」の全話を無料で視聴できます。無料期間を利用して一気に見てしまうのもアリですね。
どのサービスが一番気になりますか?無料トライアルを利用して、自分に合ったサービスを見つけてくださいね!