海街ダイアリーはつまらない?理由と口コミ、似たようなアニメは?

海街ダイアリーはつまらない?

映画「海街ダイアリー」に対するネガティブな口コミをまとめると、いくつかの共通点が見えてきます。まず、あるレビューでは「つまらないですよね」と率直な感想が述べられています。このレビューを書いたシネオさんは年間100本の映画を劇場で観るという映画通ですが、それでもこの映画には満足できなかったようです。
また、別のレビューでは「ただの日常映画かもしれないけど、それがすごく丁寧に描かれている!」と、日常の描写が丁寧すぎて退屈に感じるという意見もありました。確かに、日常を描く映画は観る人によっては単調に感じられることがありますよね。
さらに、Yahoo!検索のレビューでも「つまらない!」という声が上がっています。このような意見が複数見られると、やはり一部の観客には退屈に感じられる部分があるのかもしれません。
一方で、Amazonのレビューでは「つまらないと感じた方は、20年後に、また観てください」とのコメントも見受けられます。これは、時間が経つと感じ方が変わるかもしれないという提案ですが、逆に言えば、初見ではつまらないと感じる人が多いということを示唆しています。
このように、映画「海街ダイアリー」はその丁寧な日常描写が一部の観客には退屈に感じられることがあるようです。あなたはどう感じますか?

 

海街ダイアリーが面白い人はどこが気に入ってる?

「海街diary」が面白いと感じる人たちは、どこが気に入っているのでしょうか?口コミを見てみると、いくつかのポイントが浮かび上がってきます。
まず、キャストの豪華さが挙げられます。綾瀬はるか、長澤まさみ、夏帆、広瀬すずといった美人女優たちが揃って出演していることが、多くの人にとって大きな魅力の一つです。特に広瀬すずの演技に感動したという声が多いですね。「広瀬すずの笑顔からしか得られない感情がある」といったコメントも見受けられます。
次に、鎌倉の美しい風景と四季折々の景観が映画の魅力を引き立てています。映画の中で描かれる鎌倉の風景や、桜のトンネルを自転車で走るシーンなどが、観る人にノスタルジックな気分を与えてくれるようです。「鎌倉の街並みとメイン4人の美しさだけで見る価値あり」といった意見もあります。
また、家族の絆や姉妹愛がテーマとなっている点も、多くの人に共感を呼んでいます。特に、異母妹のすずが三姉妹に迎え入れられ、次第に本音を言えるようになっていく過程が心温まると感じる人が多いようです。「姉妹愛が良かった」「自然に共感できるような作風がお見事だった」といったコメントが多く見られます。
さらに、映画全体の穏やかな空気感や、日常の中での小さな出来事が丁寧に描かれている点も評価されています。「特に大きなポイントがある映画ではないのですが、最後にほっとしたような、幸せな気持ちになりました」といった感想もあります。
一方で、映画の静かな進行や大きな事件がない点を物足りないと感じる人もいます。「静かに始まって、特に盛り上がりもなく、静かに終わってしまった感じ」といった意見もありますが、それでも「穏やかな気持ちになる映画です」と評価する人も多いです。
「海街diary」を観たことがない人は、ぜひ一度観てみてください。あなたもこの映画の魅力に引き込まれるかもしれませんよ!

 

海街ダイアリーのあらすじ

神奈川県鎌倉市で暮らす香田三姉妹の元に、幼いころに離婚して家を出て行った父の訃報が届きます。次女の佳乃は15年以上会っていない父の死を特に何とも思わず、三女の千佳も同じ気持ちでした。でも、長女の幸の頼みで葬式に出るために山形へ赴いた佳乃と千佳は、そこで年齢の割にしっかりしている中学1年生の異母妹・浅野すずと初めて出会います。
すずは既に母も亡くしており、父の再々婚相手の家族と暮らしていました。気丈だが感情を見せないすずに対し、葬儀の打ち合わせで会った亡父の妻・陽子は頼りなく、佳乃はすずの今後について不安を抱きます。妹2人と違って記憶が確かな幸は父を許せず、夜勤を口実に欠席するつもりでしたが、妹からのメールで事情を知ると徹夜を押して急行して葬式に出席します。葬式からの帰り、すずは幸から亡父のことで感謝の言葉をかけられ、堪えていた感情が爆発するように号泣します。幸はそんなすずに「鎌倉に来て一緒に暮らそう」と誘い、すずは快諾します。
こうして、香田家は四姉妹となります。すずはサッカー好きで明るい性格で、鎌倉の生活にもすぐに溶け込みます。季節は夏を迎え、花火大会が近付いていました。幸はすずのために自分の浴衣を仕立て直します。浴衣を着たすずは風太らサッカーチームのメンバーと洋上で花火見物をします。その帰り、すずは風太に「ここに居ていいんだろうか」「自分の存在が人を常に不幸にしている」と、姉たちにも言えない悩みを打ち明けます。自宅に戻ったすずを浴衣を着た姉たちが待っていました。四姉妹は庭で手持ち花火に興じます。
香田家のカレーは都が幸に唯一伝えた料理である「シーフードカレー」でしたが、それをあまり覚えていない千佳にとって家のカレーといえば、姉たちには不評な「ちくわカレー」であり祖母との思い出の味でした。千佳たちの祖母を知らないすず、父をほとんど覚えていない千佳。千佳はお父さんのこと教えてねとすずに話します。
登場人物も個性豊かで魅力的です!長女の幸は鎌倉市民病院に勤務する看護師で、次女の佳乃は信用金庫の窓口嬢から融資担当に配属変えされます。三女の千佳は自由奔放な性格で、すずはサッカーが大好きな中学生です。彼女たちの生活や成長を見守るのはとても楽しいですよね。
どうしてすずはそんなにしっかりしているのでしょうか?彼女の過去や家族との関係が気になりますね。香田家の四姉妹がどのようにして本当の家族になっていくのか、その過程を見守るのは感動的です。ぜひ、彼女たちの物語を読んでみてください。

 

海街ダイアリーに似たアニメ

「海街ダイアリー」に似たアニメを探しているんですね。確かに、あの作品の温かい雰囲気や家族の絆を描いたストーリーは心に響きますよね。では、いくつか似たアニメを紹介しつつ、その違いも見ていきましょう。
「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」
まずは「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」です。このアニメは、幼馴染たちが再び集まり、過去の出来事と向き合う物語です。家族の絆というよりは、友情と過去のトラウマに焦点を当てていますが、感動的なシーンが多く、涙なしでは見られません!
「3月のライオン」
次に「3月のライオン」。これは将棋をテーマにしたアニメですが、主人公が家族のように接してくれる川本家の三姉妹との交流を通じて成長していく姿が描かれています。家族の温かさや支え合う姿が「海街ダイアリー」と似ていますね。ただ、将棋の試合や心理描写が多いので、少し違った緊張感も楽しめます。
「夏目友人帳」
「夏目友人帳」もおすすめです。妖怪と人間の間で揺れる主人公・夏目が、友人や家族との絆を深めていく物語です。こちらはファンタジー要素が強いですが、心温まるエピソードが満載です。妖怪との交流を通じて、人間関係の大切さを再確認できる作品です。
「四月は君の嘘」
「四月は君の嘘」は音楽を通じて成長する少年少女の物語です。家族の問題や友情、恋愛が絡み合い、感動的なシーンが多いです。音楽の力で心を癒すシーンが多く、涙が止まりません!ただ、音楽がメインテーマなので、その点で「海街ダイアリー」とは少し異なります。
「フラガール」
最後に「フラガール」。これは実写映画ですが、家族や仲間との絆を描いた感動作です。フラダンスを通じて成長する少女たちの姿が描かれており、友情や家族の大切さがテーマです。実写ならではのリアルな感情表現が魅力です。
どうでしょうか?「海街ダイアリー」に似た作品はたくさんありますが、それぞれに独自の魅力がありますね。どの作品も心温まるストーリーが魅力的ですので、ぜひチェックしてみてください!

 

海街ダイアリーが見られる動画サイト

映画「海街diary」を見たいですか?この心温まる物語を視聴できる動画サイトをまとめました!
まず、Amazonプライム・ビデオで「海街diary」を見放題で楽しめます。初回30日間の無料体験もあるので、気軽に試してみてくださいね。
次に、Netflixでも「海街diary」を視聴できます。家族の絆を描いたこの映画、Netflixで見逃さないでください。
U-NEXTもおすすめです。31日間の無料トライアルがあるので、無料で「海街diary」を楽しむことができます。
さらに、FODプレミアムでも「海街diary」を視聴可能です。月額976円(税込)で動画見放題なので、他の作品も一緒に楽しめますよ。
DMM TVも見逃せません!初回登録で30日間の無料お試し期間があるので、その期間中に「海街diary」をフルで無料視聴できます。
他にも、TSUTAYA DISCASやビデオマーケットなど、いくつかのサービスで「海街diary」を視聴できます。
どのサービスを選ぶか迷いますね!無料トライアルを活用して、自分に合ったサービスを見つけてください。映画「海街diary」を楽しんでくださいね!