プルートゥはつまらない?理由と口コミ、似たようなアニメは?

プルートゥはつまらない?

浦沢直樹の『PLUTO』について、いくつかのネガティブな口コミを見てみると、確かに賛否両論があるようです。
まず、Amazonのレビューでは、「8巻という短さでは浦沢作品は十分に語れないのか、掘り下げ方が足りないように思いました。原作はアトムにしては長編でしたが浦沢作品としては短編な印象です。主人公であるアトムの活躍も不十分で消化不良ですし。お茶の水博士やウランの存在意義もいまいち」という意見がありました。確かに、浦沢作品のファンにとっては物足りないと感じる部分があるのかもしれません。
また、Filmarksのレビューでは、「つまらないわけではないけど、そこまで絶賛されてる理由はよくわからんかった。序盤だけワクワクするのが、いつもの浦沢直樹すぎる。ルックとかリアリティはめちゃくちゃいいのに、プロットやら畳み方やら硬すぎる」という声も。序盤の期待感に対して、後半の展開が期待外れだったということでしょうか?
さらに、BookLiveのレビューでは、「一巻から五巻まで、勢いだけで読んでしまって、まったく流れがつかめなかった…。浦沢さんの漫画って、週刊連載を意識されてるんだと思うけど、エピソードひとつひとつが短編漫画として十分機能してしまうくらいに読みごたえあって、どこから読んでも続きが気になる。多分、猿でも全巻読んでしまうだろうし、読んだ後泣くと思う。そのひとつひとつをシナリオに回収して、長編漫画として描ききる構成力がめちゃめちゃすごいわけで。始発待ちのマンガ喫茶で読むような漫画じゃないですね」という意見も。エピソードごとの独立性が強すぎて、全体の流れがつかみにくいと感じる人もいるようです。
また、楽天市場のレビューでは、「浦沢さんのもったいづけはちょっと長すぎよね。飽きます」という声も。浦沢直樹の独特のテンポや展開が、読者によっては冗長に感じられることもあるようです。
これらの意見を総合すると、『PLUTO』はその独特の構成やテンポ、キャラクターの掘り下げ方に対して、読者の期待に応えきれていない部分があるのかもしれません。あなたはどう思いますか?浦沢直樹の作品に対する期待が高すぎたのでしょうか?それとも、手塚治虫の原作との比較が影響しているのでしょうか?

 

プルートゥが面白い人はどこが気に入ってる?

浦沢直樹の『PLUTO』が面白いと感じる人たちは、どこに魅力を感じているのでしょうか?いくつかの口コミをまとめてみました。
まず、多くの人が挙げているのは、物語の深さとサスペンス要素です。例えば、あるレビューでは「ストーリーがサスペンスとしての展開が良く出来ており、その面白さは自信をもって保証します」と書かれています。確かに、次の展開が気になって一気に読んでしまうという声も多いです。
また、キャラクターの魅力も大きなポイントです。特に、ゲジヒトというロボット刑事のキャラクターが多くの人に愛されています。「ゲジヒト含め大量破壊兵器足りうる世界最高のロボット達の、目覚め始めた新しい感情なども織り込まれていきます」とのレビューもあり、キャラクターの感情描写が深いと感じる人が多いようです。
さらに、手塚治虫の『鉄腕アトム』をリメイクした点も評価されています。「手塚、浦沢両先生の凄まじさを改めて見せつけられた思いです」との声もあり、原作のメッセージ性を残しつつ、浦沢直樹の独自の視点で再構築された点が高く評価されています。
一方で、短さに対する不満も少し見受けられます。「8巻という短さでは浦沢作品は十分に語れないのか、掘り下げ方が足りないように思いました」との意見もあり、もっと深く掘り下げて欲しかったという声もあります。
それでも、多くの人が『PLUTO』を「名作」として評価しており、「やっぱり名作です」と涙を流しながら読む人もいるほどです。あなたもこの作品を読んで、感動の波に飲まれてみませんか?

 

プルートゥのあらすじ

『PLUTO』(プルートゥ)は、浦沢直樹が手塚治虫の『鉄腕アトム』のエピソード「地上最大のロボット」をリメイクした作品です。物語は、人間とロボットが共生する未来の世界を舞台に、次々と起こるロボット破壊事件を描いています。
主人公は、ユーロポールの特別捜査官ロボット、ゲジヒト。彼は、強大なロボットたちが次々に破壊される事件の調査を担当します。ゲジヒトは、事件の背後に「プルートゥ」と呼ばれる謎の存在がいることを突き止めます。プルートゥは、アラブのサルタン、チョチ・チョチ・アババ三世の命令で作られた巨大ロボットで、世界各地の最高のロボットたちを倒す使命を持っています。
登場人物も魅力的です。アトムは、日本が誇る世界最高水準のロボットで、ゲジヒトの死後、その魂を受け継ぐ主人公となります。彼は、平和の使者として戦地で歓迎される一方で、戦争の記憶に苦しむこともあります。アトムの妹、ウランも登場し、彼女は感情豊かな少女型ロボットです。
他にも、スイスの山林保護担当官ロボットのモンブラン、スコットランドの作曲家ポール・ダンカンの執事であるノース2号、トルコのロボット格闘技チャンピオンのブランド、ギリシャの国民的英雄であるヘラクレス、オーストラリアで戦災孤児を育てるエプシロンなど、多彩なキャラクターが登場します。
物語の中で、ゲジヒトは自らの過去と向き合いながら、事件の真相に迫ります。彼の妻、ヘレナとの関係も深く描かれ、彼らの養子であるロビタとの絆も重要なテーマとなっています。ゲジヒトは、かつて連続幼児ロボット誘拐破壊事件を担当し、その過程で息子ロビタを失った過去があります。この悲劇が彼の行動に大きな影響を与えています。
物語のクライマックスでは、アトムとプルートゥの対決が描かれます。プルートゥは、サルタンの命令に従いながらも、次第に良心が芽生え、アトムとの戦いの中で協力して阿蘇山の噴火を食い止める場面もあります。しかし、最終的にはゴジ博士が作った二百万馬力のロボット、ボラーとの戦いでプルートゥは自爆してしまいます。
この物語は、ロボットと人間の共生、憎しみの連鎖、そして愛と喪失をテーマにしています。ゲジヒトやアトムたちの葛藤や成長を通じて、読者は深い感動を覚えることでしょう。あなたもこの壮大な物語に引き込まれること間違いなしです!

 

プルートゥに似たアニメ

プルートゥに似たアニメをいくつか紹介しますね。どれも独特の魅力があって、プルートゥとはまた違った楽しみ方ができますよ!
鉄腕アトム
まずは、元祖とも言える「鉄腕アトム」です。手塚治虫の代表作で、プルートゥの原作「地上最大のロボット」もこの作品の一部です。アトムの冒険や人間とロボットの共存を描いた物語は、今でも色褪せない魅力があります。プルートゥと比べると、アトムはより子供向けで明るいトーンが特徴です。でも、深いテーマも含まれていて、大人も楽しめますよ!
アトム ザ・ビギニング
次に「アトム ザ・ビギニング」。これはアトムの誕生前を描いた作品で、若き日の天馬博士とお茶の水博士が主人公です。アトムがどのようにして生まれたのか、その背景が詳しく描かれています。プルートゥと同じく、ロボットと人間の関係性がテーマですが、こちらはより科学的な視点が強調されています。アトムファンなら必見です!
ロックマンメガミックス
「ロックマンメガミックス」もおすすめです。カプコンの人気ゲーム「ロックマン」を原作とした漫画で、ロボット同士の戦いがメインテーマです。プルートゥのようなシリアスなトーンではなく、アクション満載でエンターテインメント性が高いです。でも、ロボットの感情や存在意義についても触れられていて、考えさせられる部分もあります。
ぼくらの
「ぼくらの」は、巨大ロボットを操縦する子供たちの物語です。彼らは地球を守るために戦うのですが、その代償として命を失うことになります。プルートゥと同じく、重いテーマを扱っていて、視聴者に深い感動を与えます。ロボットと人間の関係性や、戦いの意味について考えさせられる作品です。見終わった後、あなたも何かを感じるはずです!
鉄のラインバレル
最後に「鉄のラインバレル」。これは巨大ロボット「ラインバレル」を操る少年の成長を描いた作品です。プルートゥと同じく、ロボットと人間の関係性がテーマですが、こちらはよりアクション重視で、バトルシーンが多いです。主人公の成長や仲間との絆が描かれていて、感動的なシーンも多いです。
どうですか?これらのアニメもプルートゥと同じく、ロボットと人間の関係性を深く掘り下げています。それぞれの作品が持つ独自の魅力を楽しんでくださいね!

 

プルートゥが見られる動画サイト

アニメ「PLUTO」を視聴できる動画サイトについてまとめました。どのサイトで見られるか気になりますよね?
まず、Netflixで「PLUTO」は全話見放題で配信されています。Netflixに登録すると、15,000作品以上の見放題作品も楽しめますよ。Netflixオリジナルシリーズなので、他の動画配信サービスでは見られないんです。驚きですよね!
次に、U-NEXTでも「PLUTO」を視聴できます。U-NEXTはアニメのラインナップが豊富で、31日間の無料トライアルもあります。毎月もらえる1,200円分のポイントで最新映画のレンタルやマンガの購入もできるので、お得感満載です。
他にも、GOM Player VOD比較サイトでも「PLUTO」を視聴できる情報が載っています。公式の動画配信サービスで無料または有料で視聴できるので、チェックしてみてください。
「PLUTO」を見逃したくないなら、これらのサイトを利用してみてくださいね。どのサイトが一番便利か、試してみるのも楽しいですよ!